直列や直流!?太陽光発電の基礎を学ぼう!

太陽光発電の発電メカニズムって?

太陽の光で電気を作り出される事は地球温暖化や環境保護などに貢献が出来るますね。しかし、どのようにして電気が出来るのか知っておくのも損はありません。太陽光発電の要となるのは太陽電池で、太陽電池の内部にはN型とP型の2つ半導体が内蔵されていて、ここに光が当たると二つの半導体は高速で電子を移動させて起電力を発生させると言うのが太陽光発電の原理です。但し、太陽電池で発電された電気は直流の電気になっていますよ。

直流の電気は家の中で使えませんよね

太陽電池で発電された電気は直流の電気、住居内で利用するテレビや洗濯機は交流の電気が必要になるのでそのままでは利用することが出来ません。直流は英語ではDirect Current、略してDC、交流は英語ではAlternating Current、略してACですよね。直流の電気を交流の電気に変換してくれるのがパワーコンディショナーと呼ばれている太陽光発電システムの一部で、太陽電池から送電された直流の電気はパワーコンディショナーと言う魔法の箱を通過することで住居内の家電品や照明器具に使う事が出来る電気に変換してくれるのです。

屋根の上に設置されている太陽電池の数が沢山!

住宅の屋根に設置されている太陽電池の数と言うのは6枚程度のケースもあれば10枚以上のケースもあります。太陽電池は太陽光発電システムの中でも電気を発電してくれる装置で、多くを設置する事で発電量を大きくすることが出来ます。太陽電池はそれぞれのモジュール内で発電した電気を1つにまとめてパワーコンディショナーに送電するのですが、この時太陽電池は直列接続されているのが特徴です。乾電池の直列接続と同じで、電気が加算されていくため、より多くの電気を作り出させると言う原理になっているのですね。

太陽光発電の価格にこだわるには、各地の電力会社の相場を確認することや、発電方法に工夫をすることが大事です。