プライバシーを尊重して、常識を守るべき。

プライバシー侵害は多い。

プライバシーとは、「他人に知られたくない、或いは侵害されたくない私生活」を指しますね。実は私生活が侵害されている人、プライバシーを侵害している人は多いのですね。具体的な例をあげると、近所付き合いの中で、人の私生活を頻繁にしつこく聞いてくる人がいるとします。ただ聞く分には問題はないように思いますが、次に私生活を深く聞いて探り出した後に、「誰にでも吹聴する」人が存在します。これは完全なプライバシーの侵害ですから、要注意ですよ。

相手が嫌がる事はやめるべき。

プライバシーの侵害をやめるのは簡単です。相手の私生活を詳しく聞かない、聞いた後に誰かに言わない、個人情報に関与する内容を一切詮索しない事ですね。意外にも簡単で、本人が注意すればストレスフリーな関係に近づけます。要は深入りしない、個人情報を見た、聞いても、誰かに話さない、あまり興味を示さない事で、プライバシーの侵害の原因を消すことが出来ますよ。より良い人間関係をつくりあげていくには、ある程度の口の重さが必要とされますね。

必要以上に踏み込まない事が、プライバシーの尊重に。

必要以上に相手の秘密や家庭に首を入れない様にすれば、自然とプライバシーの尊重になります。「相手の私生活は相手の問題だから」と割り切ってしまえば、相手が嫌がるような事態も発生しにくくなるでしょう。自分の問題は自分の問題、他人のトラブルは他人の責任ときっちり分別することで、本人にはストレートに関係ない事に巻き込まれる事も、明らかに少なくなることでしょう。ストレスフリーな人間関係を目指すならば、プライバシーは尊重したいですね。

機密文書の取扱いを強化するために、パソコンの専用のソフトを活用したり、外部の専門家から助言を受けたりすることが効果的です。