電気製品は多機能であると同時にコンパクトなものが多くなっています

電気製品の回路に欠かせない半導体

電気製品はICやトランジスタと言った半導体素子が使われている製品が多くあります。半導体素子は外付け部品の数を減らし、よりコンパクトな電気製品を開発する事が出来る電子部品で、半導体素子を使った回路を設計する事で、短時間で開発を行う事が出来ると言う利点があります。因みに、半導体には太陽電池やLEDと言った製品もあります。太陽電池はN型半導体とP型半導体を使い、太陽の光が照射されることで起電力を作り出すと言う仕組みになっているのです。

多機能の電気製品が多くなっています

電子レンジや炊飯器などの電気製品はコンピュータ制御が行われており、多機能製品が多くあります。機能を追加する事で電気製品の大きさは大きくなるはずなのですが、多機能製品は従来の電気製品と比較するとコンパクトなものが多くなっているのが特徴です。コンパクト化を実現する事が出来る理由は外付け部品が少なくて済む半導体を利用している事、そしてチップ部品と呼ばれている電子部品が利用されているからで、従来と比較すると部品の大きさがコンパクトになり、より多くの回路を1つの電気基板の中に実装する事が出来るからです。

チップ部品を実装するための機械

チップ部品の中には米粒よりも小さな大きさの部品もあります。人が半田付けするにはあまりも小さいので専用の機械を使って実装しており、これをチップマウンターと呼んでいます。チップマウンターは部品を実装するだけではなく、半田付けも同時に行ってくれるので人の手を煩わすことなく大量生産が出来る、チップ部品が登場した事でより多くの部品をプリント基板に実装する事が出来るため、多機能製品を作り出すことが出来るなどのメリットもあります。これに加えて半導体を使う事で便利な電気製品が次々と登場しているのですね。

プリント基板実装とはPCボードの上に電子部品(阻止)を半田槽に付けて部品を接着する行為そのものを指します。